失敗しないためのインターネットの選び方(単身赴任)

単身赴任でも快適なインターネット環境を

「単身赴任か…一人の時間はネットで動画でもみるか…」
「一人暮らしだと光回線はもったいない、でもネット環境は必要だな…」

 

単身赴任だと一人の時間が増えるので、インターネットを使う時間も増えます。

 

でも一人だし、あまり家にいないし、わざわざ光回線を引くのもなんだかもったいない。

 

そんなあなたのために、単身赴任に最適なインターネットの選び方をまとめました!

 

先ずは家にインターネット完備かどうか

家に「インターネット完備」と書いてあれば、部屋のLANコネクタに差し込むだけでインターネットが利用できるはず。

 

ただ有線ケーブルでしかつながらないので、無線LANルーターを購入する必要があります。

 

5千円から1万円前後で売っているので、スマホやタブレットをつなぐ場合は購入してください。

 

大家が独自に無線LANを設置しているマンションやアパートもあります。

 

その場合は無線LANのパスワードを打込めば利用できます。

 

ただしどちらの場合も、セキュリティは非常に弱いと考えてください。

 

クレジットカードを使ったネットショッピングや、ネットバンキングはLANからではなく、スマホのLTE回線から利用することをおススメします。

 

また少し知識がある人なら、ノートパソコンの中身にアクセスすることも可能。

 

会社の機密事項などを扱う場合は、むやみにLANへ接続しない方が良いでしょう。

 

まぎらわしい「フレッツ光利用可」

 

ただし「フレッツ光利用可」とかいう表示は要注意。

 

フレッツ光の回線がマンションまでは来ているけれど、別途室内回線工事とフレッツの契約、プロバイダの契約が必要になります。

 

家を探すときは無理に「インターネット付」にこだわらない

家を探すときに「インターネット付」に限定してしまうと、あまり良い家が見つかりにくいはず。

 

大家さんは普通にしてもなかなか入居者が入らないので、インターネットを付けて人気を出そうとしています。

 

つまり良い立地で安い家賃の家には、あまりインターネット付の家は無いと考えてください。

 

家がインターネット完備じゃない場合

家がインターネット完備じゃない場合はあなたがインターネットを選ぶことになります。

 

最初の基準はあなたがヘビーユーザーかどうか。

 

ヘビーユーザーじゃない場合とは、月のデータ通信量が5GB以下の様な場合。
この場合は、スマホのテザリングで済むかもしれません。

 

月のデータ通信量が5GB以上だったり、データ通信容量を気にせず動画などを楽しみたい場合は、スマホ以外に何かが必要になります。

 

選択肢は2つあります。

  • 光回線
  • モバイルルーター(WiMAX)

 

光回線を選ぶ

光回線を選ぶメリットは…

  • 通信容量に制限がない
  • 速度が安定している
  • エリアが広い(地方でもほとんどカバーしている)
  • ドコモ光などセット割が使える場合がある

 

光回線のデメリットは…

  • 工事が必要で時間が約1ヶ月かかる
  • 工事費用がかかる
  • 2年縛りで解約違約金が発生する
  • 月額費用が高い
  • プロバイダによっては混雑時(夜間)に遅くなる

 

モバイルルーターを選ぶ

モバイルルーターには、LTEとWiMAXがあります。
固定回線代わりには、断然WiMAXがおすすめ。

 

月のデータ通信容量が無制限で、混雑時の通信速度も全くおちません。

 

モバイルルータのメリットは…

  • 工事が不要で2、3日で手元に届く
  • 電波状況が良ければ、通信速度も速い
  • 外出先でも利用できる
  • バッテリーの持ちが良い
  • WiMAXなら本体は無料
  • 混雑時も通信速度は変わらない

 

モバイルルーターのデメリットは

  • 電波のエリアがLTEだと良いがWiMAXはすこし狭い
  • 電波の状況がわるいと通信速度が落ちる
  • WiMAXでは3日制限、LTEでは1か月のデータ通信容量制限がある。
  • WiMAXでは2年縛りがある

 

参考にしたサイトはこちら
WMAXの比較はこれだけ!

 

あなたにあった方を選んでください。